FC2ブログ
ブログパーツ・ウィジェットはLive!Adsアフィリエイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アフィリエイトとは?

コミッショントシステムなどについて。

■コミッションの設定の仕方

ここは悩みどころである。悩んでも悩んでも実は答えはない。

実際、どれくらいのコミッションでアフィリエターにモチベーションがでるかは分らない。

それに商品の粗利も考えないといけないからね。

ただ、僕の経験から言える事は数字の3・5・10にどうも山があるようだ。

つまり、例えば、コミッションが5000円でも6000円でも同じだけど、4000円と5000円では違うとか。

3000円でも4000円でも同じだけど、2000円と3000円だったらずいぶん違うとかね。

これは、数値的な計測をしたわけではないので参考程度に考えてほしいが、コミッションは3000円・5000円・10000円という風に区切るのがいいだろう。

このあたりは自分でアフィリエイトを運営していって、どれくらいのコミッションの時にアフィリエターの動きが活発になったかという経験を積んで学んでいくしかない。

ただ、一番重要なのはあなたの商品の粗利だ。

なので、粗利の低い商品を扱っていると、アフィリエイターを動かすのにも苦労する。アフィリエイターを動かす場合にはその分、あえて、商品の値段が高いほうがいい時もある。

ただ、ほとんどの人が忘れているのがバックエンドからの利益だ。

つまり、初回の購入で利益を出そうとしているからどうしてもコミッションをケチってしまう。その結果アフィリエターはあんまり活発にはならない。

でも、一度あなたから商品を購入した人には別の商品を販売することができる。

そして、前回の無料DVDキャンペーンの元になったセミナーでも話したように、本当の利益はまさにそこにあるのだ。

だから、初回の利益なんかムシしてアフィリエイターにコミッションを寛大に支払うと長期的に見れば、とてもいいことが起きる。

実際、僕が一番初めにマークジョイナーのマニュアルを販売したときにもアフィリエイターに払ったコミッションは確か、粗利8000円くらいの商品で7800円だった。

その結果、アフィリエターはガンガン商品を紹介してくれて、僕は一気に顧客リストを増やすことができた。もちろん、キャッシュはほとんど残らなかったけどね。

ただ、この時のもう一つの大きなポイントはメールリストも顧客リスト以上にたくさん集まったということ。顧客リストの12倍くらいのメールリストができた。

それが、2~3か月で一気に起きて、僕はそのリストに向かって別のバックエンド商品を販売しはじめて利益を作り始めた。

だから、アフィリエターにコミッションを設定するときにはバックエンドの利益を、将来の利益を見据えて設定すべきだ。

たった、1回のトランザクション(取引)にこだわるべきではない。

■システムの種類

さて、アフィリエイトプログラムを始めるときには大きく分けて2つの方法がある。

1)1つはASPを使う方法
2)2つは自社でやる方法

ASPとは、例えば、大手でいくと、A8ネットやらvaluecommerce(ヤフーに買収された)それから、リンクシェアなどいろいろある。

情報商材に特化したASPはインフォカート、インフォトップ、インフォストアなどがある。

これらのASPにマーチャント(商店・広告主)として参加すると、他の広告主同様にASPに登録するアフィリエイターに

タッチすることができる。

たとえば、A8に広告主として参加すれば、A8が既に持っている40万人くらいのアフィリエターに「うちのアフィリエイターになりませんか?」というアプローチができる。(ただし広告費がかかるけどね)

ただ、これは一長一短で、アフィリエイターもいっぱい参加しているけど、広告主もいっぱい参加しているので、他の広告主と、アフィリエイトプログラムのコミッションとかを直接比較されたりする。

まあ、業者からすると、ひとつのマッチングビジネスみたいなモデルだ。

A8やバリューなどの大手はだいたい月額4万円くらいの基本料金がかかって、その上アフィリエイターに払うコミッションの30%を取られる。

実はこれが地味にめちゃめちゃ痛い。あなたのアフィリエイトプログラムが成功すると、この費用が馬鹿にならないのだ。

実際僕は、前に言ったマークジョイナーのマニュアルのプロモーションの時にこの30%だけで、300万円ちかく払ったのだ・・・(泣)

情報商材のASPの場合はだいたいどこも基本料金がゼロで、売上の8-10%前後を利用料として払う。

■次に自社で構える場合。

自社で構築する場合のメリットは、とにかく自由度が上がること。自由自在にプロモーションなどを設定できる。

たとえば、アップセルやクロスセルなど。

ぶっちゃけで言うと、僕にはアップセルなしでセールスをするなんて信じられない。何故なら、そこに本当の利益があるんだから。実際それがあったからこそ、さっき言ったような8000円の粗利で7800円コミッションなんて馬鹿なプロモーションができるわけだ。だから、メチャメチャ、メチャメチャ、メチャメチャ、キーポイントだよ。

実際、ASPの場合、いろいろな制約があって自由にできない事が多い。

また、あなたの会社独自のアフィリエイトなので、競合他社のアフィリエイトプログラムと直接比べられるような事がない。

また、もっと重要なポイントとしては、アフィリエイターはたくさんある中の一つの商品とは考えないのであなたの会社独自のものだから、あなたとアフィリエイターのリレーションシップ(信頼関係)が深まるということだ。

実はこれが、アフィリエイトプログラムを運用していく上でとても重要なポイントになる。

誰だって、昨日知ったわけのわからない会社の商品よりも前から知ってて、販売している人間の顔も知っているところの商品の方が紹介しやすいに決まってる。

そして、自社のアフィリエイターをセールス組織としてトレーニングすることができる。これは長期的に考えてとてもとても重要な事だ。

ちょっと自慢をさせてもらうと、僕が自社アフィリエイトで成功した理由はこのマインドセットにある。僕は他の人が考えるように、アフィリエイターをアフィリエイターとは考えてなかった。僕はアフィリエイターを営業マン組織と考えていた。

どんな会社でも営業マンが入ってきたら、いろんな道具を与えてあげて、研修やトレーニングをする。

そういう観点からみると、僕もまだまだアフィリエターのトレーニングができてないんだけど、

ただのアフィリエイトと考えている人と、バーチャル営業組織と考えている人では、やることにメチャメチャ大きな違いが出る。つまり結果にも違いがでる。

ただ、自社独自アフィリエイトにも欠点はある。それは、アフィリエイトの募集を完全に自分自身でやらなければいけないということ。

ASPを使えば、すでにそこに登録している人たちがいて、そのアフィリエイターたちに、自分のプログラムの広告が打てる。ただし、広告費がかかるけどね。

そうすれば、スグにある程度のアフィリエイトは集まるってわけだ。

まあ、僕の経験上では、自社独自だろうがASPだろうが、結局のところはアフィリエターは自分の力で開拓しなければいけないというのが、実際のところだ。

実際、2ティアを採用すれば、独自アフィリエイトのほうが、何もしなくてもアフィリエターが集まるので効率がいい。

ASPの2ティアはほとんど機能しない。何故なら、2ティアでサインアップするアフィリエイターはASPのアフィリエイターとしてサインアップするのであって、あなたのアフィリエイターとしてサインアップするのではないからだ。

レッスン1でも言ったとおり、僕はアフィリエイターの募集に平成進化論に15万円の広告費をかけただけだ。(しかもそれは、たったの19人のサインアップで大失敗)

でも、その後なにもしなくても勝手に増えて、今では8800人以上になった。(多分このメールが届くころには9000人になってるだろうな・・)

実際、海外ではほとんどが自社独自アフィリエイトだ。ASPを使うのは大企業とか、あまりインターネットマーケティングに詳しくないような会社がやっているようだ。

まあ、それが僕が今回、自社アフィリエイトプログラムを作った理由でもあるんだけどね。

これに関しては、どっちがイイというよりも、どっちが自分に合ってるかという事かもね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
自己紹介が遅くなりました。 私たちは『本当の意味で稼ぐ力を身につけるための教...
2010/10/07(Thu) 17:38:31 |  生活レスキュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。