FC2ブログ
ブログパーツ・ウィジェットはLive!Adsアフィリエイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1億円売れる文章と1円も売れない文章のわずかな違い

今回は、売れるブログの“文章の作り方”に迫ってみよう。

ブログに掲載する文章によって、売れるか売れないかは大きく左右されるのだが、実のところ“売れる文章”と“売れない文章”の違いは本当に些細なことなのである。

その些細な違いとは一体何だろうか。それを解説していこう。

まず基本は、「読み手と会話をしているかどうか」である。

例えば、誰でも一度はラブレターを書いたことがないだろうか。それを思い出してほしい。一方的に自分の想いをつづるばかりでは、押しつけがましくて相手の心に響くとは思えない。それよりも、「この文章を読んで相手が何を感じて、どう思うか」を考えながら書いたほうがいいと思わないだろうか。

ブログ上でも同じである。“売れない文章”は、一方的にこちらの情報や知識や想いを伝えてしまっている。そのため、読み手であるお客さんの共感を生まないため、商品やサービスは売れないし、そもそも読むこと自体が苦痛なのだ。

反対に“売れる文章”は、きちんと読み手の「相槌」を想像しながら書かれている。

「へぇ~そうなんだ」
「ほぉ~なるほどね」
「うんうん、そう思う」

あなたの文章を読んだとき、読み手がこの3つの相槌を打ってくれたら、売れる確立が飛躍的に上がるだろう。

この3つの相槌は、それぞれが大切な意味を持っている。

「へぇ~そうなんだ」
と、商品・サービスのある新しい世界に興味を引いてもらい、

「ほぉ~なるほどね」
と、納得してもらい、

「うんうん、そう思う」
と、共感してもらう。

この3つのプロセスが、“売れる文章”には大切なのだ。

ただ単に一方的な文章を書くのではなく、いわゆる脚本家の気分になってほしい。脚本には、「対話」がある。あなたの商売という脚本の上で、売り手と買い手のどんな対話を期待するか。先に挙げた3つの相槌を買い手に打ってもらえるように、脚本を書いてみてほしい。そして、さらに買い手側の文章を縮小、もしくは削除したものに書き直して、ブログに掲載すればいい。

そうすれば、文章によって書き手と読み手のあいだに軽快な会話のキャッチボールが生まれ、読み手をぐいぐいと惹きつける文章に生まれ変わるはずだ。

あなたの仕事は、あなたの商品、サービスの素晴らしさを言葉に翻訳することによって、まだ知らない人に伝えることだ。そのためには、この3つの相槌を読み手に引き起こす脚本を書かなくてはならない。

あなたの商品、サービスを買うと、どんな素晴らしい世界が広がって、どんな人に喜んでもらえるだろうか。どんな世界だったら、お客さんに共感してもらえるだろうか。

この3つの相槌がある文章が、“売れる文章”の基礎中の基礎なのだ。

さて、今回は基礎を押さえたので、次回は“売れる文章”の応用編を紹介していこう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。