FC2ブログ
ブログパーツ・ウィジェットはLive!Adsアフィリエイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内アフィリエイト市場の調査を実施した。

1.調査期間:2011年1月~4月
2.調査対象:主要ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)、インターネット広告利用企業、広告掲載メディア
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<本調査におけるアフィリエイト市場とは>
パソコンや携帯電話のWEBサイトに貼られた広告を通して、商品の購入に繋がれば報酬が得られるシステムを指す市場である。同市場には、各種広告主とサイトオーナーを仲介する代理店方式のASP型、仮想ショッピングモール運営企業がアフィリエイトプログラムを提供するショッピングモール型、自社のショッピングサイトにある商品の販売促進を目的として、自社が広告主となりアフィリエイトプログラムを提供する独自型があり、成功報酬型の広告を対象とする。

調査結果サマリー

◆ 2010年度のアフィリエイト市場規模は1,009億円になる見込み
 2010年度のアフィリエイト総市場規模は1,009億2,000万円になると見込む。2011年度は前年度比 4.3%増の1,052億5,000万円、2012年度は同3.8%増となる1,092億5,000万円に、2013年度には同3.0%増の1,125億円になると予測する。

◆ PCアフィリエイトが市場を牽引、今後はリワード広告の拡大に期待
 モバイルアフィリエイト市場は公式サイトの広告出稿量減少により縮小傾向である一方、PCアフィリエイトは物販系分野を中心に拡大する見通しである。
 今後はスマートフォンの普及が更に進むことにより、現在拡大しつつあるリワード広告分野の拡大が期待される。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。