ブログパーツ・ウィジェットはLive!Adsアフィリエイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国内初の直接市場取引によるRTB広告の配信を開始 海外で急激に広がる広告インプレションの交渉取引をSSPとして国内初の対応

Kauli 株式会社(本社:東京都渋谷区 代表者:高田勝裕 以下「当社」という)は、月間101億インプレッションの広告を配信するディスプレイ広告管理プラットフォームであるSSP(サプライサイドプラットフォーム)「Kauli(カウリ)」の機能を強化して、海外で急激に広がりつつある、広告主側プラットフォームが必要な広告インプレッションをオンラインメディアから直接買付けする「直接市場取引」を、国内初で2月26日より順次サービスを始めましたのでお知らせいたします。

Kauli(カウリ)は、2010年9月に日本で初めて自社開発者がフルスクラッチで開発した本格的なSSP(サプライサイドプラットフォーム ※1)です。現在では月間100億インプレッションを超える広告の配信をおこない、大規模法人から個人まで規模を問わずご利用いただいております。

Kauliはこれまで、複数アドネットワークの収益最大化機能や、RTB広告の配信機能を日本で先駆けて提供してきました。このたび、オンラインメディアのRTB広告の配信量をより増大させて収益最大化を推進するために、海外のDSP ※2 、トレーディングデスク ※3などで急激に広まりつつある「直接市場取引」機能を提供いたします。

Kauliがこのたび提供する「直接市場取引」は、オンラインメディアが直接広告主に販売を希望する広告インプレッションを、広告主がRTBにより必要数を交渉取引ができる機能で、海外では多様化するRTB広告取引の新たな手段として急速に注目を集めています。この取引では、広告主は自社のブランドや期待効果に沿ったオンラインメディアから必要な数の広告をRTBによって配信できますし、オンラインメディアは希望する広告単価でインプレッションを販売できますのでRTB広告の収益をより多く受け取ることができます。

2月26日より、Kauliの広告枠が提供する月間100億を超える広告インプレッションの配信がすべて直接市場取引に対応いたします。なお、直接市場取引の広告は、各アドネットワーク広告やRTB広告より優先されて取引されますが、従来どおりの広告も配信できますので、広告枠のフィルレートの向上もあわせて期待することができます。
今後の予定としては、本年度中にDSPやトレーディングデスクなどに対し直接市場取引のAPIを開放して、各社が自社開発する広告主側画面にて交渉取引が可能な手段を提供します。同様に、広告配信結果などのデータ連携についても、各社とのAPIによる連携を通じて積極的に進めます。

Kauliは、直接市場取引に対応する広告プラットフォームを広告代理店やメディアレップなど様々な事業者に対して、広く協業やOEM提供をおこないます。これからも独自開発のプラットフォームによるディジタルマーケティング支援をおこなってまいります。


※1 SSP(サプライサイドプラットフォーム)とは
オンラインメディアが利用する、広告の収益を最大化するためのサービスプラットフォームのこと。
※2 DSP(デマンドサイドプラットフォーム)とは
広告主が利用する、広告の効果を最大化するためのサービスプラットフォームのこと。
※3 トレーディングデスクとは DSPやアドネットワークといったディスプレイ広告の運用をおこなう広告主または広告代理店が利用するサービスプラットフォームのこと。


会社HPへは、こちらから → Kauli(カウリ)

スポンサーサイト
Kauli(カウリ)株式会社との業務・資本提携について
~スマートフォン向け広告プラットフォーム事業を共同で推進~

株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、Kauli株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高田 勝裕、以下 Kauli)と、本日、スマートフォン向け広告プラットフォーム事業において業務・資本提携いたしました。

今回の業務・資本提携の背景としては、広告技術の進化等により、インターネット広告市場が活性化し、さらに効果的・効率的な広告配信へのニーズが高まっていることがあります。それらの市場ニーズに応えるべく、D2Cは、このたびの提携により、Kauliが持つ広告配信技術やノウハウを活かし、成長著しいスマートフォン市場における広告プラットフォーム分野において、より積極的な事業展開を図ってまいります。

また、D2Cは、今回の提携により、Kauliに資本参加し同社の筆頭株主となり、2月16日に開催されるKauliの株主総会にて、D2C 広告事業統轄本部長・本間 広宣が、同社の社外取締役に就任する予定です。


Kauli株式会社の概要】

社名:Kauli株式会社(Kauli

所在地: 東京都渋谷区桜丘町30-4-602

代表者: 代表取締役 高田勝裕

資本金: 2,272万5000円

事業内容:インターネット広告配信業務



(参考)

<ディーツー コミュニケーションズとは>

株式会社ディーツー コミュニケーションズは、2000年6月1日に、株式会社NTTドコモ、株式会社  電通、株式会社NTTアドの3社合弁で設立された、世界初のモバイル広告/マーケティング会社です。モバイル広告全般を取り扱うメディア/メディアレップ事業をはじめ、モバイルを活用した企業のマーケティング活動の支援、新しい技術や手法を活用したモバイルマーケティングの開発事業など、モバイルマーケティング全般を取り扱っています。また、コンシューマを対象としたコンテンツやアプリの提供も 行っています。

Kauliとは>

Kauli株式会社は、法人メディアやCGM(コンシューマ・ジェネレイテッド・メディア)に対して広告を配信するディスプレイ広告管理プラットフォームSSP(サプライサイドプラットフォーム)「Kauli(カウリ)」を提供しています。Kauliは、メディアの広告収益の最大化を支援するSSP として、日本国内における最大級のディスプレイ広告管理プラットフォームです。現在では、1万を超えるオンラインメディアに対して月間70億インプレッション(※1)を超える広告を配信して、広告のリーチ規模では国内主要広告配信業者として第5位(※2)の規模に達しており、さらに現在でも急成長を続けております。

※1  2012年1月時点の数
※2  comScore MediaMetrix 2011年10月時点の計測
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。