ブログパーツ・ウィジェットはLive!Adsアフィリエイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットでの副業 人気の1位は やはりアフィリエイト

ネット副業 の人気1位は アフィリエイト だということが株式会社 もしも が会員を対象に行ったアンケートの結果わかりました。

サンプル

 アンケートによると、ドロップシッピング をしている理由としては、「 副業 」と「 趣味 」がほぼ同率の4割で、「本業」として取り組んでいる人も全体の7%を占めているそうです。

 また、現在の 収入 に対する満足度についてたずねたところ、「まったく満足していない」は78%で、
「満足していない」と「やや満足していない」と合わせると、現在の 収入 に満足していない人は全体の93%にのぼることがわかりました。

 自分の思うような結果を出せていないのかもしれないですね。

 こうした 収入への不満からか、ドロップシッピングだけでなく さまざまな 副業 を試している人も多いようで、6割以上の人が何らかの 副業 を経験しているようです。

 中でも「アフィリエイト」、「オークション」などインターネットを利用した 副業 の人気が高くなっていることが分かりました。

 アフィリエイト の認知度も高くなってきているので今後ますます、 副業 として取り組みたいと考える方が増えていくのでしょうね。



スポンサーサイト
調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内アフィリエイト市場の調査を実施した。

1.調査期間:2011年1月~4月
2.調査対象:主要ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)、インターネット広告利用企業、広告掲載メディア
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<本調査におけるアフィリエイト市場とは>
パソコンや携帯電話のWEBサイトに貼られた広告を通して、商品の購入に繋がれば報酬が得られるシステムを指す市場である。同市場には、各種広告主とサイトオーナーを仲介する代理店方式のASP型、仮想ショッピングモール運営企業がアフィリエイトプログラムを提供するショッピングモール型、自社のショッピングサイトにある商品の販売促進を目的として、自社が広告主となりアフィリエイトプログラムを提供する独自型があり、成功報酬型の広告を対象とする。

調査結果サマリー

◆ 2010年度のアフィリエイト市場規模は1,009億円になる見込み
 2010年度のアフィリエイト総市場規模は1,009億2,000万円になると見込む。2011年度は前年度比 4.3%増の1,052億5,000万円、2012年度は同3.8%増となる1,092億5,000万円に、2013年度には同3.0%増の1,125億円になると予測する。

◆ PCアフィリエイトが市場を牽引、今後はリワード広告の拡大に期待
 モバイルアフィリエイト市場は公式サイトの広告出稿量減少により縮小傾向である一方、PCアフィリエイトは物販系分野を中心に拡大する見通しである。
 今後はスマートフォンの普及が更に進むことにより、現在拡大しつつあるリワード広告分野の拡大が期待される。


インターネット広告アグリゲーションサービス「Live!Ads」(http://www.liveads.jp)を運営する株式会社ライブアズ大阪市淀川区代表取締役社長CEO:多良真之介)は、2010年8月24日、株式会社アドウェイズ(東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久)のアフィリエイトサービス「JANet」(http://j-a-net.jp)と連携し、「Live!Ads」のメディアネットワークにアドウェイズが提携する7,000の広告をウィジェット形式で配信することが可能になったことを発表いたします。



ライブアズはアドウェイズと協業することで、「JANet」の広告主に対してウィジェット広告を企画開発し、より高いコンバージョン率の向上と、メディアに対してはより高い収益性の実現を目指します。

今後の展開として、ライブアズが企画開発したウィジェットを「JANet」の管理画面内でも利用可能とし、双方のネットワークでのウィジェット広告の掲載促進、トラフィックとコンバージョンの拡大を目指します。

また、モバイルアフィリエイトプログラム「Smart-C」の広告配信も視野に入れている。


●業界初「アフィリエイトアグリゲーションサービス」とは



アフィリエイトアグリゲーションサービス「Live!Ads」とは、アフィリエイトサービスプロバイダーと提携することにより、アフィリエイトサービスプロバイダーとその広告主の成果、実績を効果的に向上させる事を目的としたアドネットワークです。高いクリエイティビティを持つ売れ筋商品ランキングや現在の価格などのリアルタイム性の高い商品及びサービス広告を主体として提供し、高い視認性とコンバージョン率を実現します。今回提携が実現したアドウェイズにあわせ、既にバリューコマース、インタースペースとも提携しています。

大手アフィリエイトサービスプロバイダーと提携する広告主のウィジェットをプロバイダーに代わって企画開発し、「Live!Ads」が強力なインフルエンサーとして、広告の配信、掲載メディアの獲得及びマネジメント、トラフィックとコンバージョンの拡大を実現いたします。

メディア媒体へは、媒体のイメージに最適なクリエイティブの企画制作と広告配信の最適化コンサルティングを実施し、収益拡大に貢献いたします。



アフィリエイトとは?

アフィリエイトで宣伝するツールについて。

■プロモーションツール

一度、アフィリエイトプログラムをスタートしたら自動的にアフィリエイターが商品をバンバン紹介してくれてバンバン売ってくれると思ったら大間違い。

結論から言うとアフィリエイターというのは怠け者だ。

あなたも聞いたことがあるかもしれないけど、ほとんどのアフィリエイターは大してコミッションを稼ぐ事ができないその理由は、アフィリエイターはコミッションを稼ごうと必死になって努力しないからだ。

なので、アフィリエイターが望んでいるものは二つ

①簡単にできて
②スグに結果が出るもの。

つまり、あなたがアフィリエイトプログラムをスタートする時にはアフィリエイトにとって極めて簡単にできるようにしておく必要がある。

その為にはアフィリエターにツールを提供する必要がある。アフィリエイターが頭を使ってあなたの商品の紹介文を考えてくれるなんて絶対に期待しちゃいけない。

事実、あなたが一番あなたの商品の事に詳しいんだからこれらのプロモーションツールはあなたが作ってアフィリエイターに提供しないといけない。

じゃあ、アフィリエイターのプロモーションツールとしてどんなものがあるか?代表的なものを紹介しよう。

・3,5,10行広告
・メールプロモーション
・バナー広告
・ポップアップ
・商品レビュー
・記事広告

それぞれ、解説すると、


1)3,5,10行広告
このタイプの広告はよくメルマガ広告のヘッダーやフッターなどに使われる。
こんな感じだ↓

---------
【必見】ネットビジネスで何千万と稼ぎ続けている人たちの“秘訣”とは?
それは、「情報」です。
成功しようとしている人は、ネットビジネスの成功の秘訣や
その背景となる考え方を、今まさに成功している人物から聞き出している
現実があります。そして、そのことをあなたにも可能にするのが、
“ネットビジネス・インサイダークラブ”です。
>> http://123direct.info/tracking/af/856/goipM1rp/
---------

なのでアフィリエイターがメルマガを配信していた場合、この広告文をいつものメールに差し込むだけでコミッションが発生するというわけだ。

この広告文を自分で考えるのは非常にしんどい仕事なのでアフィリエイターがやってくれる事を期待してはいけない。

実際、この広告文はメルマガだけでなく、アフィリエイターのサイトなどにも簡単に使える。


2)メールプロモーション
アフィリエイトがするプロモーションの中で最も効果が高いのがこのメールプロモーションだ。

アフィリエイターがメルマガやニュースレターを発行していたらそのリストに対して、あなたの商品を紹介するためだけのメールを流す。

これが最も手っ取り早くて最も効果がある。

多分説明の必要もなく、

あなたも何度も何度もこういうメールを受け取ってるだろう。

これももちろん。アフィリエイトが書くなんて事を期待してはダメ。

あなたが書かないと。

たった1通のメールを書くだけで、それを何千人ものアフィリエイトが使ってあなたの商品を売ってくれるわけだから、真剣に時間をかけてやる価値はあるでしょ?

このメール広告をやる時の重大なポイント。

それは、1ショットで終わりにしない事。

ほとんどのアフィリエイターはこういったプロモーションメールを1通送っただけで、その商品の紹介が完了したと考える。

しかし、ここでメチャメチャ役立つポイントを紹介しよう。

同じメールをもう一回送ると、同じくらいの売上が上がる。
もう一回送ると、もう一回同じくらい売上があがる。

実際問題は、同じメールを3回も連続で送りたい人は誰もいないので、3通の連続した別々のメールを送るといい。

つまり、あなたが3通セットのメールプロモーションを作るのだ。1通目はこれ、2通目はそれ、3通目はあれ。って感じでね。

これはとても重要なポイントだ。


3)バナー広告
バナー広告も説明の必要はないだろう。ヤフーとか、楽天とかどのサイトに行ってもグラフィックのバナー広告が貼ってある。

バナー広告には昔ながらの横長のやつから最近は縦長のスカイスクレイパー型というタイプヤフーのトップページにあるようなちっちゃい奴までいろいろある。

最近のデータによると縦長のスカイスクレイパー型というタイプが反応がいいようだ。

A8とかバリューCとか昔からあるアフィリエイトASPでは、これらのバナー広告がメインとして扱われてきた。

でも、実際はメール広告のほうがはるかに速効性がある。バナー広告は一度張ってもらったら残るので長期的にはいいのかもしれない。


4)ポップアップ
ポップアップはどのように使うかというと、アフィリエイターのサイトに誰かが訪問した時にあなたの商品をプロモーションするポップアップが出るという仕組み。

最近ではポップアップブロッカーがあるので効果がないと思われているがそんなことはない。

僕はポップアップがあったらブロックを解除してでも見る。

ポップアップには何種類かあって、

前に出る普通のポップアップやサイトを去る時に出るEXITポップアップサイトの裏側に出るポップアンダー
などがある。

ポップアンダーやEXITポップアップはアフィリエイターのサイトの負担にもならないのでお勧め。

これもかなり効果のあるプロモーションツールなので、是非アフィリエイターに提供したいところだ。


5)商品レビュー
商品のレビューというのは、アマゾンなどで見ることができる。

その本の購入者が、その本の感想なりコメントを入れているものだ。

あなたはアマゾンに行って本を買うときに

一番、何を信用して買う?

出版社のコメント?
著者のコメント?

もし、あなたが僕と同じタイプの人間だったら、レビューを一番信用するはずだ。

多分、アマゾンで星5つとか付いてたら、「そうとういい本なんだろーなー」って思うだろう。

このようにレビューというのは、とても信用されてとても、読まれるものなのだ。
なので、あなたが自分の商品をアフィリエイターに紹介してもらうときに、あたかも、第三者がレビューを書いているような口調で、その商品に対するコメントをかいてみたらどうだろう?

そうだ。

そのコンテンツは読まれて、信用される。

だから、直球の売り込みよりももっとソフトでもっと効果がでるだろう。
実際、アフィリエイターのビジネスモデルで、レビューサイト。という商品レビューだけをかき集めたサイトがある。そんなモデルが成り立つのも、このレビューというのが読まれて、信用されるからなのだ。

※売り込みメールサイトなんて成り立つと思う?誰も見ないし、見ても信用しないでしょう?




2011年のネット広告費は7500億円を超える

 電通総研は、2011年までのインターネット広告費の試算結果を発表した。それによると、2011年のインターネット広告費は全体で7558億円に成長する見込みだという。これは電通が発表した2006年度のインターネットの広告費(3630億円)の2.08倍に相当する。

 分野別の内訳は、バナー、ストリーミング、Eメールなどの固定ネット広告費が4009億円、検索連動型広告が2265億円、モバイル広告が1284億円。成長金額は固定ネット広告、成長率はモバイル広告などが高いが、シェアの伸びは検索連動型広告が最大となる。

 固定ネット広告費は、ブロードバンドの普及に伴う動画コンテンツ視聴の一般化や、広告主によるネットマーケティング予算の増加に加え、ターゲティング広告や視認効果指標の開発といった取り組みによる広告単価の向上も成長に貢献するとみられる。2011年の試算額4009億円は、2006年(2310億円)の1.7倍の規模だ。

 2011年のモバイル広告費の試算額1284億円は、2006年(390億円)の3.3倍。その内訳は携帯電話向けサイト向けの固定広告が789 億円、モバイル検索連動型広告が494億円となる。成長の要因としては、パケット定額制契約が一般ユーザーに広がるにつれて、モバイル広告の閲覧機会が増えることが考えられる。また、2006年に各キャリアが大手検索エンジンを採用したことで、今後はモバイル検索連動型広告の伸びも予想されるという。

 検索連動型広告には、検索ワードに応じて広告を表示するリスティング広告に加えて、サイトの内容と連動するコンテンツマッチ広告も含む。なかでもコンテンツマッチ広告は2007年に複数企業によるサービス展開が見込まれ、成功事例も多く登場すると電通総研は見ている。また広告主の予算拡大に加え、地域単位での広告予算の獲得も活発化していく見込み。検索連動型広告がインターネット広告費全体に占めるシェアは、2011年には30%程度に上昇するという。

 電通総研は、2007年から5年間のインターネット広告費の平均年間成長率を15.8%、平均成長金額を786億円と試算する。ただ、2007年こそ成長率24.9%(金額にして904億円)4534億円を見込むが、2008年以降は次第に落ち着き、2011年には9.6%程度になるという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。